雄勝再訪
2013.07.02 Tuesday 21:14
  8人で雄勝に行ってきました。

 瓦礫の山やバスが打ち上げられた公民館、患者さんや医師、看護師がほぼ全員なくなってしまった病院などの建物は取り壊され、雄勝に入った途端になんだかガランとした印象です。

           
 大川小学校と病院でお線香をあげ、診療所で準備を始めましたが、ちょっとした手違いから苗が石巻の営業所で止まっていたため、急遽引き取りに行くなど若干のスケジュール変更はありましたが、夕食までの間に保育園の草刈を終えるなど、特に大きなトラブルなく水浜の仮設住宅の皆さんが用意してくださった夕食にをいただくことができました。
 
 大量のカキフライがメインディッシュ、そしてでっかい牡蠣の佃煮などのご馳走はしんどい仮設住宅暮らしが続く雄勝の皆さんの心からの感謝の気持ちとしていただきました。

           
 翌日は6時にやはり仮設住宅の集会所で朝食。利府から中野渡さんが僕たちの朝ごはんのために昨日から泊まり込んでくださいました。

 昨日も感じたことですが、雄勝の皆さんが僕たちに馴染んでくださったこともあるでしょうが、どこか心の余裕というべきか、あるいは整理が出来たというべきかわかりませんが、そんな気がします。集会所に七夕の飾り付けをしてあったり、作業中に立浜の仮設住宅の自治会長さんという方が近寄って来て、問わず語りに当時の様子を聞かせてくれたりと、今までとは違う人々の変化が感じられます。

 プランターの植え込みをしつつトラックで苗を配達し、診療所にあった予定外の木製のプランターにも植え込みを終え、最後に記念撮影で今回の作業は終了。

           

 保育園に戻って荷物を積み込み、雄勝店こ屋街の伝八すしで昼食、その後帰り道でお店を再建したみうら海産物店でお土産を購入し、帰途につきました。

 今回は立浜の仮設住宅にも初めて花を届けました。雄勝にはもう一ヶ所仮設住宅があります。南條さんと相談し、そちらにも届けなくっちゃ、と言いながら帰ってきましたが、細々でいいから息の長い支援をしなくてはという思いです。

 無理をせず出来る範囲でこれからも雄勝の人々を応援したいと思います。


| yatsugreen | 被災地支援 | comments(3) | - | pookmark |
スポンサーサイト
2017.05.13 Saturday 21:14
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/07/03 8:27 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2013/07/05 9:51 PM posted by: Toshi
伝八さんの壁に書いてあった
‘まだぎなよ つなみ
まげねえど’
よいう言葉が雄勝の今を感じました。
2014/02/16 9:29 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM